この歳で魂が揺さぶられた!未体験ゾーン~魅惑の南米ペルーで古代遺跡と出会う旅

マチュピチュにはじまる遺跡探訪で人生観に変化が?第二の人生のヒントになるペルー旅行ガイド

旅を豊かにすること間違い無し!知っておきたいペルーのアレコレ

2016年09月28日 17時16分

ペルー共和国、通称ペルーは南米西部に位置する共和国家です。北はコロンビア、北にはエクアドル、東はブラジル、南東はボリビア、南はチリ、そして西は太平洋に接しています。日本からの直行便はなく、アメリカで乗り換えて、24時間ほどかかります。日本との時差は14時間遅れになります。首都はリマで、人口は日本のおよそ4分の1の3000万人強です。

その昔、古代文明が栄えたところで、16世紀までインカ帝国の中心地でした。観光旅行をするには見所満載の国です。公用語は全体としてはスペイン語で、山岳地域のイディヘナはケチュア語、テイテイカカ湖周辺はアイラマ語です。ペルーの日常の挨拶の習慣など日本との違いがあり、現地で不快な思いをさせないよう、気をつける必要があります。あいさつは握手を交わします。

少し親しくなれば男性はハグを、女性はほほに軽いキスをします。日本では親指と人差し指で丸をつくりOKサインとしますが、ペルーでは下品な意味になります。また、人を呼ぶときの仕草は、日本同様手のひらを下に向けて呼びますが、手のひらを上に向けてやると無礼にあたります。会話は近い距離でします。日本人は慣れていないので、一歩引きがちですが、それは拒否や抵抗を意味することになります。

レストランでは日本ではあまりしませんが、入ったとき、そして食事が済んで出るときには必ず声に出してあいさつをします。ペルーの水道水は、洗顔やうがいは大丈夫ですが、飲み水には適していません。いつもミネラルウォーターを持ち歩き、レストランでもミネラルウォーターを注文します。気をつけなければいけないことは、氷は水道水でつくってあることが多く、ドリンクなどは氷なしで注文してください。