この歳で魂が揺さぶられた!未体験ゾーン~魅惑の南米ペルーで古代遺跡と出会う旅

マチュピチュにはじまる遺跡探訪で人生観に変化が?第二の人生のヒントになるペルー旅行ガイド

新南米は犯罪大国?ペルーの治安情報

2016年09月28日 17時11分

ペルーはナスカの地上絵やマチュピチュといったメジャーな観光スポットがあるので、海外旅行先として考えている方が結構いるかと思われます。魅力的な国である一方で、治安があまり良くないので気をつけなければいけません。

南米に滞在する際は危険な目に遭うリスクを十分認識しておく必要があります。
ペルーは格差が結構生じているので、貧困層の強盗、窃盗事件が多発しています。特に日本人は安全対策が不十分になっていることが多いので、ターゲットにされやすいので注意してください。貴重品はバッグの中に入れて持ち歩き、バスを利用する際はバッグを抱えるように守ってください。他の国では女性が夜一人で出歩くのはダメと言われていますが、ペルーでは昼間も女性の単独行動は避けるべきです。

ペルー旅行は安全な観光スポットを回ってくれるツアーを利用した方が良いと思われます。個人旅行では知らないうちに危険なスポットに行ってしまうケースがあるので、南米ではあまりオススメできません。

自分たちの好きな時間の使い方ができなくなりますが、安全が確保されるのでベストな選択だと評価できます。また、海外旅行保険に加入してから出発することも大事です。特にリスクが高いペルーで保険に加入しないで行くのはナンセンスだと言わざるを得ません。

自分は大丈夫と考える方がいますが、そういう人にかぎってトラブルに巻き込まれてしまうので、安易な選択は絶対にするべきではありません。最近は保険料が安くなっているので、そこまでの負担にならないはずです。日本とは治安が全然違うことは多くの方が認識しているはずなので、万が一のリスクに備えることは海外旅行の際に不可欠なものになります。